2017年05月13日

雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金の計算システムの導入について、教えてください。


雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金の計算システムの導入について、
教えてください。
導入する場合のコストはソフト料金以外に、どれくらいかかりますか。
保険関係に詳しい専任のオペレータも採用しないといけないのでしょうか。
おすすめの保険計算のソフトについても、教えてください。



企業にとって従業員の雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金の計算というのは、非常に手間がかかるものです。 この問題を解決したいとする経営者の人も少なくありません。 そこで多くの企業が導入しているのが販売管理、給与計算システムです。 システムを導入することによって、各種保険や年金といった雇用条件の計算を多角的に行えるようになります。 また、専門人員の配置人数の削減にも繋がる上、管理が楽になることから多くの面で、リソースを有効活用できるようになります。 ただ、給与計算システムで雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金といったすべてを管理をすることには課題が残るのも事実です。 まず、システムだけではなく、別途用意されているモジュールが必要になることが多いので、 イニシャルコストが高くつくという課題があげられます。 長期的な視点で見れば利益となるのですが、導入にかかるコストというのは、企業としても外せない課題になるはずです。 また、システムを効率よく利用するための人材育成という課題にも対応しなければなりません。

給与計算のフリーソフト 、情報や参考資料をまとめたサイトです。
http://business.osusume-soft.com/kyuuyo/kyuuyo5

このサイトでは、 所得税の源泉徴収額、雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金の自動計算、給与明細書の作成。 給与明細書・賞与明細書、社員別給与台帳、月別給与・賞与一覧表などの、フリーソフトが参考になります。

給与計算のフリーソフト 、情報や参考資料をまとめたサイトです。(その2)
http://johnny-g.watson.jp/frsoft/gyoumu/kyuuyo2.htm

 スポンサーリンク





posted by funo at 15:36| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。