2017年05月15日

会計ソフトを使用しようと思っていますが、導入後すぐに効果は出ないでしょうね。


会計ソフトを使用しようと思っていますが、
導入後すぐに効果は出ないでしょうね。
じっくりと、効果を見守る必要がありますよね。
会計ソフトを導入するメリットについて、教えてください。
会計処理の人気のソフトを紹介してしてください。
ダウンロードできるページを探しています。



会計処理のソフトを使用するメリットについてです。
会計ソフトを使うことで、 集計されたデータを、Excelなどに書き出すことで、自社独自の資料作成ができます。 売上や売上原価など、予算と実績の比較、資金繰りの管理ができます。 また、青色申告や白色申告の申請書類が作成できます。

法人税の計算のフリーソフトが揃っているサイトです。
http://business.osusume-soft.com/kaikei/houginz5

法人税の計算ソフトでは、次の処理ができます。
法人税確定申告書、法人税事業概況説明書、法人税科目内訳書などの作成。 退職金の税金計算、年金の税金計算、年収の税金計算、給与所得税の計算、ボーナスの税金計算、 源泉徴収税の税率計算など。

法人税の計算のフリーソフトが揃っているサイトです。(その2)
http://johnny-g.watson.jp/frsoft/kaburon/zeikin/houginz2.htm

 スポンサーリンク



ラベル:会計ソフト
posted by funo at 10:06| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

財務分析や損益分岐点の管理などをシステム化したいと考えています。


財務分析や損益分岐点の管理などをシステム化したいと考えています。
経営分析システムの導入の課題や、注意しなければならないことを、教えてください。
おすすめのソフトがあったら、教えてください。



企業活動において財務分析と損益分岐点の管理というのは、経営判断を行うときの重要なポイントになってきます。 特に現代社会ではスピーディーな判断を求められますので、販売管理、経営分析システムの導入というのは欠かせないものになりました。 財務分析、損益分岐点へのアプローチにしても、システムを導入することにより、非常に短時間で楽にはじき出すことができます。 また、分析結果だけではなく、それを元にしたレポートの提出までもサポートしてくれるシステムもあります。 リソースだけではなく、スピーディーさを求められる昨今のニーズにあっているといえます。
ただし、財務分析と損益分岐点の管理システムの導入にあたって、課題がないわけではありません。 1つにデータを多面的な意味で活用することができる能力が必要になってきます。 数値や書類面でのリソース削減が可能になったとしても、それを扱う担当者に知識がなければ意味がなくなってしまいます。 また、従来のエクセルデータからの移行についても社内では、ある程度の混乱が出る可能性もあるでしょう。 ただ、長期的な視点で見れば、その課題も克服してしまえば大きなメリットになるはずです。

給与明細書・給与台帳のフリーソフト、情報や参考資料をまとめたサイトです。
http://business.osusume-soft.com/kyuuyo/kyuuyo5

このサイトでは、
正社員・派遣・バイトの給与計算、出勤簿の作成、勤怠時間の計算、 銀行振込表の作成、社会保険・所得税の計算 などの、フリーソフトが参考になります。

給与明細書・給与台帳のフリーソフト、情報や参考資料をまとめたサイトです。(その2)
http://johnny-g.watson.jp/frsoft/gyoumu/kyuuyo2.htm

 スポンサーリンク



posted by funo at 08:00| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金の計算システムの導入について、教えてください。


雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金の計算システムの導入について、
教えてください。
導入する場合のコストはソフト料金以外に、どれくらいかかりますか。
保険関係に詳しい専任のオペレータも採用しないといけないのでしょうか。
おすすめの保険計算のソフトについても、教えてください。



企業にとって従業員の雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金の計算というのは、非常に手間がかかるものです。 この問題を解決したいとする経営者の人も少なくありません。 そこで多くの企業が導入しているのが販売管理、給与計算システムです。 システムを導入することによって、各種保険や年金といった雇用条件の計算を多角的に行えるようになります。 また、専門人員の配置人数の削減にも繋がる上、管理が楽になることから多くの面で、リソースを有効活用できるようになります。 ただ、給与計算システムで雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金といったすべてを管理をすることには課題が残るのも事実です。 まず、システムだけではなく、別途用意されているモジュールが必要になることが多いので、 イニシャルコストが高くつくという課題があげられます。 長期的な視点で見れば利益となるのですが、導入にかかるコストというのは、企業としても外せない課題になるはずです。 また、システムを効率よく利用するための人材育成という課題にも対応しなければなりません。

給与計算のフリーソフト 、情報や参考資料をまとめたサイトです。
http://business.osusume-soft.com/kyuuyo/kyuuyo5

このサイトでは、 所得税の源泉徴収額、雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金の自動計算、給与明細書の作成。 給与明細書・賞与明細書、社員別給与台帳、月別給与・賞与一覧表などの、フリーソフトが参考になります。

給与計算のフリーソフト 、情報や参考資料をまとめたサイトです。(その2)
http://johnny-g.watson.jp/frsoft/gyoumu/kyuuyo2.htm

 スポンサーリンク



posted by funo at 15:36| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする